FUKUSHIMA

先日の「藤沼のいないFUJINUMA」という

悲しいBlogで予告した通り、

 

福島旅行の2日目の様子をご報告します。

 

021

今回の旅のパートナー 伊藤達也

(イタリアンカサマツ よしもとクリエイティブエージェンシー所属)

twitterやってます

1ミリも売れていない若手芸人。

彼と僕は実家が徒歩30秒の仲です。なのに、東京でも一緒にルームシェアをしてました。もはやですね。

 

そして、伊藤の相方、宮戸伸之介は、僕の大学の友人です。

今回宮戸はまったく登場しないので割愛。

 

イタリアンカサマツ応援してあげてください。

脱線失礼致しました。

 

さて本題。

 

今回の福島旅行2日目のファーストコーヒーは、

福島駅から歩いて3分くらいのところにあった

伏見珈琲店さん。

 

とってもやさしいオーラをまとったマスターが丁寧にハンドドリップ。

日曜の朝10時半くらいなのに満席。ギリで座れました。

 

クラシカルな珈琲で落ち着く朝を過ごせました。

落ち着き過ぎて、一枚も写真撮ってません。

 

店内のフライヤースペースを物色していると、

 

「RIVER BEACH COFFEE」

 

という、ネーミングからセンスよさげなSHOP CARDを発見。

場所が福島駅から2駅隣りだったので、断念しようか迷ったのですが、

 

営業日

日曜7:00-15:00のみ

 

現在、

日曜11:00…!!

 

という奇跡に近いどんぴしゃタイミング。

 

電車に飛び乗りました。

 

電車に乗って10秒後、

伏見珈琲店さんにカメラを忘れたことに気づき、飛び降りる。

 

僕にはめずらしいお茶目なミスです。てへ。

019

ホームで一人まちぼうけをする伊藤。

 

ウソです。伊藤は大好きなロッテリアで飯食って待ってました。

 

一時間近く電車を待ち、

なんとかたどり着いた、リバービーチコーヒー。

009

なんだここ。

クソかっこええ。

008 011センスの良さが光ってますね。

そして何より、コーヒーのセンスがド・ストライク。

014

マリメッコのかわよいマグで頂いたのは

ニカラグアのエンバシー農園。

 

完璧。

 

なんじゃこれ。うますぎ。

うちのエチオピア級。山形のIs Koffeeというロースターさんから仕入れているそうです。

東北旅行したら要チェックやです。行ってみたい場所が増えました。

 

わきゃわきゃとオーナーの高橋さんとコーヒー談議。

 

かれこれ1時間半はおしゃべり。

エンバシーの豆をお土産に買って退散。

 

高橋さん、ありがとうございました。

ハイセンスにいい刺激を頂きました。

 

福島大学のすぐそばです。日曜日に福島に行った際はぜひ。

018

 

さて、本来の目的、郡山のラ・ポーザ(La Pausa)の話。

 

ラ・ポーザ

 

多くは語りません。

 

とにかく、洗練された空間です。

 

郡山に行ったら絶対行くべきスポットです。

感性磨かれます。

アパレルショップであり、カフェも併設しています。

026 029 031

おしゃれしていきたいお店ですね。

 

伊藤が明らかにデブったなと感じた人は、伊藤ファンに認定します。

おめでとうございます。

 

実は、カフェフジヌマの目印になりつつある、外にあるトムバックの赤いチェアは

ラ・ポーザ、オーナーの安西さんに頂いたものです。

壁に掛けているX MAGAZINEのポスターもラ・ポーザで扱っています。

 

何もかもがかっこよすぎ。

そして、7年やってる店とは思えないくらい店内がピカピカ。

そうとう掃除してんだろうな…見習わねば…

 

 

FUKUSHIMA

他にも書きたいことは山ほどありますが

 

ここまで読んでいる物好きはほとんどいないと思うので

ここいらで終了します。

 

本当にいい刺激になりました。

 

ありがとうFUKUSHIMA。

 

おあとがよろしいようで、ごきげんよう。


2016-03-17 | Posted in BlogNo Comments » 

関連記事