HAND PICK

たまにはコーヒーの真面目な話を。

 

みなさん、FUJINUMAに11月から導入した

 

焙煎機

この機械、何だかご存じですか?

導入した頃は、通りゆく小学生たちが

 

「すっげえ!機関車だ!!」

 

と騒いでいたものです。今では1ミリも興味を示してませんが。

 

これは焙煎機といって、生のコーヒー豆を焼いて、
皆さんがイメージする茶色いコーヒー豆に進化させる魔法の道具です。

 

では「焙煎」とは何をしているのでしょうか

  1. 焙煎機の電源を入れ、火を点火する。
  2. 生のコーヒー豆を焙煎機にぶち込む。
  3. 10~20分待つ。
  4. 焼けた豆を冷ます。

 

正直、焙煎をざっくり言ってしまえばこれだけです。

 

もちろん、そんな甘くはないけどね、コーヒーだけに。

 

 

 

コーヒーだけに、ねっ。

 

 

今回は「2」の生のコーヒー豆にフォーカスをあてます。

 

コーヒー豆って、焼く前は

001

こんな色をしているんです。

※この状態になるまでの工程は長くなるので割愛。

 

この豆を焙煎機にぶち込む…

 

 

と、その前に!!

 

必ず行わねば気が済まないことがあります。

 

それは

ハンドピック

です。

 

 

これがとっても大切な作業なんです。

ハンドピックとは、欠点豆といわれる豆を取り除く作業です。

005

これはいい豆です。

 

そしてこれが

004

欠点豆の一種です。

無数の豆からこういうのを手作業で選別するのです。

なかなか判断が難しく、手間がとてもかかる作業です。

006

マメな性格じゃなきゃ出来ない仕事ですね。…まめ…なだけに。

 

008

 

全てチェックしてようやく焙煎機にぶち込めます。

 

このハンドピックという作業が、コーヒーの質を保つ、

もっとも地味でとっても大切な作業なのです。

 

 

 

ちなみに、手のまめは元・剣道部の証ですね。

 

 

 

ウソです。

剣道でマメできたことありませんでした。

 

あの頃から真面目さを持っていたら今頃…

 

おあとがよろしいようで。

ごきげんよう。


2016-04-04 | Posted in Blog, CoffeeNo Comments » 

関連記事